30日、イランの首都テヘランの国防軍需省で行われた葬儀で運ばれる核科学者ファクリザデ氏のひつぎ(イラン国防軍需省提供、ロイター=共同)

 【テヘラン共同】イランの国営英語放送局プレスTVは11月30日、核科学者ファクリザデ氏の暗殺事件で使用された武器はイスラエル製だったと報じた。イラン指導部は報復を警告している。首都テヘランではファクリザデ氏の葬儀が行われた。

 プレスTVが匿名の当局者の話として伝えたところによると、暗殺現場で押収された武器に「イスラエル軍需産業のロゴと特徴」が確認されたという。

 ファクリザデ氏の葬儀はテヘランの国防軍需省で行われ、国軍や革命防衛隊の幹部らが参列した。ハタミ国防軍需相は「殺人者を最後まで追跡する。その指揮官と実行者に罰を下す」と演説した。

関連記事