テレビ番組のインターネット同時配信をしやすくする仕組みを検討していた文化審議会の作業部会は30日、放送とは時間をずらす「追っ掛け配信」や「見逃し配信」も許諾手続き簡素化の対象とすべきだとした報告書をまとめた。政府は来年の通常国会に著作権法改正案を提出する方針。

 報告書は、著作権関係の制度を改正し、ネットでも音楽や提供映像を円滑に利用できるようにするとした。その対象として同時配信に加え、放送が始まっていても最初から視聴できる「追っ掛け」や番組終了後でも一定期間は見られる「見逃し」を挙げた。

関連記事