任期満了に伴う福井県の勝山市長選挙は11月29日に投開票される。ともに無所属新人で元市議の松村治門候補(52)=北郷町坂東島=と、自民党、公明党県本部が推薦する前副市長の水上実喜夫候補(61)=野向町北野津又=の2人が選挙戦を繰り広げてきた。開票は午後9時から市体育館ジオアリーナで行われ、早ければ同10時ごろにも大勢が判明する見通し。福井新聞社では開票速報をホームページ「福井新聞オンライン」で行う。 ⇒福井新聞の開票速報ページはこちら

 投票は午前7時~午後8時(一部は午後6時まで)に市内16カ所で行われる。期日前投票は28日午後8時に締め切られ5911人が済ませた。

 選挙戦最終日の28日、松村氏は地元・北郷町坂東島を遊説、水上氏は総決起集会で締めくくった。投票率について両陣営では、「市政のかじ取り役が変わる重要な局面であり、注目度は高い」という声がある一方、「新人同士の選挙となると投票率は上がるものだが、市民の反応を見る限り分からない」という声もある。

 21日現在の選挙人名簿登録者数は男性9222人、女性1万177人の計1万9399人。

関連記事