新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 岐阜県と岐阜市は11月27日、新型コロナウイルス感染が確認されていた80代女性が死亡し、29人の感染を確認したと発表した。県内の死者は14人、感染確認は1013人となった。

 県によると、池田町の工場で従業員6人の感染を確認。この工場に関連する感染者は計13人となり、県はクラスター(感染者集団)と認定した。中津川市の飲食店を起点とするクラスターでも新たに4人の陽性が判明した。

 古田肇知事は27日、県内での感染拡大を受けて記者会見し、感染者のうち愛知県に関係するケースは32%に上ると説明。「特に名古屋市への不要不急の往来を慎重に」と注意喚起した。

関連記事