雪かきに励む市民=2018年1月、福井県福井市内

 新潟地方気象台は11月25日、北陸地方の12月から来年2月までの3カ月予報を発表し、降雪量や気温は「ほぼ平年並み」とした。福井地方気象台の担当者は「12月後半から寒気が入ることが予想される。1カ月予報や週間予報など気象情報を小まめにチェックして」と呼び掛けている。

 今冬はラニーニャ現象の影響で偏西風が日本付近で南に蛇行。西日本を中心に寒気が流れ込みやすい時期があるという。大雪となるかは「日本海寒帯気団収束帯」(JPCZ)が形成されるかどうかで決まる。シベリア付近から流れ出した寒気が、朝鮮半島の付け根付近にある山脈で二手に分かれ、日本海で再び合流してでき、次々と雪雲を発生させるため、沿岸に近い平地でも降雪量が増えるのが特徴だ。

 福井県内の月ごとの降雪量平年値は、福井市は12月42センチ、1月124センチ、2月91センチ。敦賀市は12月32センチ、1月95センチ、2月70センチとなっている。気象台の担当者は「現段階の予報でもやはり昨冬のような暖冬であることは考えにくい。雪への備えはしっかりやってほしい」と話していた。

関連記事