新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 【ジュネーブ共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルス感染症の死者が24日、世界全体で140万人を超えた。感染症としては昨年の死者数140万人で世界最悪の結核を上回るのは確実で、最大の脅威となっている。10月以降の欧米など世界各地の急激な感染再拡大を背景に死者数の増加が続く。感染者は6千万人に迫る勢いで増えている。

関連記事