関西電力美浜原発3号機などの廃炉を訴え、大阪市内でデモ行進する市民団体のメンバーら=23日午後

 運転開始から40年を超えた関西電力美浜原発3号機(福井県美浜町)などの廃炉を訴える市民団体が23日、大阪市の関西電力本店前で集会を開いた。今後2週間余りの間に大阪や京都、滋賀、福井を「リレー」して各地でデモを行う。最終日の12月9日、関電が目指す美浜3号機の再稼働に同意しないよう、美浜町に申し入れる予定。

 23日午後1時ごろ、関電本店前にはマスクを着けた約550人が参集。「老朽原発うごかすな」などと書かれた旗も並んだ。参加者らは、美浜原発と関電高浜原発(福井県高浜町)の廃炉や、元役員らの金品受領問題を念頭に「賄賂より廃炉」「関電不正」と声を上げた。

関連記事