舞踊公演「夢舞台〜こころときめく舞妓たち〜」で舞台に並ぶ京都・五花街の舞妓=23日午後、京都市の先斗町歌舞練場

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、初舞台を踏めていない京都・五花街の新人舞妓らによる舞踊公演「夢舞台〜こころときめく舞妓たち〜」が23日、京都市中京区の先斗町歌舞練場で行われた。

 今年の五花街の春と秋の舞踊公演は、新型コロナの影響で全て中止。新人舞妓が稽古の成果を披露できるよう、京都伝統伎芸振興財団が企画した。

 公演には五花街から計25人が出演し、花街ごとにきらびやかな衣装の舞妓らが演目を華麗に披露した。五花街の一つ、宮川町の君翔さん(17)も初舞台に立ち、「緊張したけど、大きな舞台に出られて良かった」と喜んだ。

関連記事