22日午前0時20分ごろ、熊本県宇城市小川町住吉の市道で「人が倒れている」と119番があった。宇城署によると、倒れていたのは近所に住む会社員上原誠志さん(55)で、搬送先の病院で死亡が確認された。太ももや胸の骨が折れていたことから、同署はひき逃げ事件とみて調べる。

 現場は車線のない農道。上原さんは21日午後11時ごろ、現場近くでタクシーを降りていた。酒の臭いがしたといい、飲酒した帰りだったとみられる。

関連記事