新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 愛知県は11月21日、211人が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。うち名古屋市での確認が106人。同市は80代女性が死亡したと発表した。県内の感染確認は計8677人、死者は計105人となった。1日当たりの発表数は3日連続で200人を超えた。

 豊田市議会事務局によると、50代の男性市議が含まれる。同市議会の感染者は5人となった。愛知県図書館(名古屋市)に勤務する一宮市の30代女性職員も感染した。

 愛知県警では、南署地域課に所属する50代男性警察官の感染が確認され、同署員12人が自宅待機になった。

 国税庁によると、熱田税務署(名古屋市)の20代男性職員が感染した。相談業務なども担当していたが、マスク着用などの感染防止策を講じていたとして、24日以降も通常通り業務を行う。

関連記事