新型コロナウイルス感染拡大による景気悪化で多くの企業がダメージを受けた中、起死回生の業態転換で全国に名をとどろかせた福井県内の企業がある。小杉織物(坂井市丸岡町猪爪)は、国内シェアトップの浴衣帯の受注激減の危機を乗り越えるため、4月からいち早く絹マスクの販売を始めた。品質の高さで需要を取り込み、累計100万枚を突破。将棋の藤井聡太王位・棋聖も着用して注目を浴びた。変化を恐れず奔走した7カ月間の挑戦を振り返る。

 浴衣帯はインバウンド(訪日外国人客)向けの貸衣装用で販売を伸ばしていたが、新型コロナで受注がほぼストップ。花火大会や祭りも相次いで中止が決まり、和装業界は壊滅的な打撃を受けた。

 仕事がない―。3月31日、小杉秀則社長(63)は従業員を前に頭を下げた。「私の力ではどうすることもできない。申し訳ない」。声を絞り出し、4月から半数ずつ休むよう告げた。

 ただ活路を開かねば従業員たちの雇用は守れない。1937年創業の老舗。マスクは使い捨てのイメージで、高価格帯を扱う帯屋のプライドもあったが、幹部に「マスクを作ってみたい。シルク製は小杉にしかできない」とも伝えた。

コロナ禍の4月以降、850種類もの絹マスクを商品化した=福井県坂井市丸岡町猪爪の小杉織物

 帯で使う生地に、ガーゼと感触が近い絹がある。湿度や温度調整の機能がある最適の素材。鼻の形に合わせる形状記憶のワイヤは在庫があり、耳ゴムは自社の織機で対応できた。試作を始めてわずか5日で「洗える絹マスク」を完成させた。小杉社長は「幸運だった」と振り返るが、デザインや縫製を含め一貫生産体制を敷いていた強みが窮地で生かされる形となった。

 絹マスクはネット業者の目に留まり、3日間で注文が1万5千枚に達した。従業員を全員出社させ、ミシン30台を引っ張り出し24時間体制で生産に入った。

  ◇  ◇  ◇

 息が楽で肌に優しく、洗って繰り返し使える絹マスク。1日8千枚のフル生産が続いていた4月末、県内の年配男性から注文が入った。妻が末期がんで「シルクのマスクを着けさせたい。1枚でもいい」。いったんは断ったが、すぐに届けることにした。

 帯製造に携わり42年。小杉社長は「時代に必要とされるものを必要な人に届けて喜んでもらえる。これがメーカーの使命なんだ」

 母の日向けの贈答用マスク、アパレルと共同でファッション性の高い商品など、思いつくアイデアをすぐに形にする「攻めの姿勢」を貫き、事業を拡大した。

 ただ、7月に入り大手アパレルがマスクの供給を始めたこともあり需要が一段落。「このままだと10日間で仕事が切れる」。再び休業の危機に直面した。

小杉織物の絹マスクは、裁断、縫製、検品まで手作業で製造される

 「あのマスク、うちのじゃないか」。7月中旬、将棋の藤井聡太王位・棋聖が、タイトル獲得の最年少記録を更新した対局で小杉製のマスクを着ける姿がテレビに流れ、社内は沸いた。光の当たり方で浮かぶ市松模様、特徴的なプリーツの形状。後に25万枚のヒット商品となった「夏用涼やか絹マスク」だった。

 思いも寄らない救世主の登場に、小杉社長は「大一番で使われ、うれしかった。品質に間違いがなかったと自信を持つことができた」。マスクはSNSで話題となり問い合わせが殺到。数日で2万枚が売れ、同社は再び息を吹き返した。

  ◇  ◇  ◇

 ミシンの音が響く工場。従業員の視線は絹マスク一点で、裁断、縫製、耳ゴムの取り付けなど全てが手作業だ。マスク参入から7カ月が過ぎたが、小杉社長は「生き残れるかプレッシャーを感じる毎日。地力が問われている」と語る。

 マスク市場は「スピード勝負」。これまで約850種もの商品を打ち出してきたが、同社は商品開発や販路など次の一手を模索し続け、新たな企画として産地間連携での商品展開を始めた。

 デニムの聖地・岡山県井原市に拠点を置く、国内を代表するデニム製造の青木被服とのコラボレーションで、表はデニム、裏は小杉織物のシルク生地を使う。新型コロナでダメージを受けた会社同士がマスクでつながった。「日本製デニム浴衣」などのコラボで本業にも生かしたい考えだ。

新型コロナで苦しんだ産地間で連携したコラボ商品。表地は青木被服のデニム生地、裏地は肌に優しい絹を使っている

 前年比売り上げ95%ダウンのどん底から回復への道筋は見えてきたが、浴衣帯の需要は2、3年は戻らないとみる。ただ「文化、ファッションとしてマスクは残る」と見込み、帯が今後回復しても3割程度は稼げる体制を目指す。シルクにこだわった衣料などの開発も視野に入れる。

 一方で本業の和装業界は危機的状況という。コロナ禍で機屋や染め工場が次々と廃業に追い込まれ、小杉社長は「このままでは日本で浴衣が作れなくなる」。今年は実現できなかったが、中部に集積する浴衣の生地、縫製、染め、問屋の事業者を集めたイベントを開き、和装の価値や魅力を発信し、業界全体の底上げを図りたい考えだ。

⇒表に桔梗紋…明智光秀マスク&ケースを製作

 「こてんぱんにやられた」というコロナ以前にも、安価な中国製に対抗するため帯専用の高速織機導入による低コスト製造で市場を攻めるなど苦境を乗り越えてきた。地方の帯屋が短期間で屈指のマスクメーカーへと変身したノウハウは、「和装文化を守り、次代につながる」と確信している。

関連記事