閉所した保育所の教室を改装したカフェ=福井県南越前町古木

 16年前に閉所した福井県南越前町古木の旧宅良保育所に、教室を改装したカフェ「ORION BAKE(オリオンベイク)」がオープンした。クラス名を表示する札や黒板など当時の面影を残しつつ、こだわりの内装でおしゃれな空間に仕上げた。地元食材を使ったメニューのほか、園庭や近くの川沿いまで足を延ばして一服できる「ピクニックセット」もあり、山あいの保育所でゆったりとしたひとときを楽しめる。

 宅良保育所は、園児数の減少に伴い2004年に閉所。建物を有効活用しようと、地元住民と福井大生でつくるグループ「たくらCANVAS(カンバス)」が14年から年に数回マーケットを開いてきたが、こうしたイベント以外でも人が集まる場所にしたいとカフェづくりを計画。クラウドファンディングで改修費用を集め、9月17日にオープンした。内装はメンバーが手がけ、保育所の雰囲気に合わせて学校机などを置いた。

 オープンから2カ月近くたち、カップルや夫婦、年配客らさまざまな人たちでにぎわっている。おすすめメニューは、水筒に入った3杯分のコーヒーと2種類の焼き菓子などがバッグに入った「ピクニックセット」(2人分、1900円)。バッグを持って園庭や近くの田倉川沿いなど好きな場所でシートを広げ、非日常のひとときを楽しんでもらおうという趣向だ。

⇒【写真】おすすめのピクニックセット、コーヒーや焼き菓子も

 ほかにもこだわりのドリップコーヒーや豆腐で作ったマフィン、採れたての町産野菜が入ったトマト風味チキンカレーなどがある。

 オーナーの石田幸代さん(48)=敦賀市=は「店名の由来は保育所から大きなオリオン座が見えることから。夜カフェなどのイベントも考えていきたい」、同保育所出身で、たくらCANVAS代表の藤原ヨシオさん(47)=同町長沢=は「人がたくさん集まるカフェになって、この保育所が地域の核になってくれたらうれしい」と話していた。

 定休日は水、木曜。営業時間は午前11時~午後5時(同4時ラストオーダー)。