新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 岐阜県と岐阜市は11月5日、県内に住む10~60代の男女10人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内での感染確認は710人となった。

 県によると、これまでに男性2人の感染が確認されていた多治見市の会社で新たに同僚6人の陽性が判明。県はこの会社でクラスター(感染者集団)が発生したと認定し、6人の家族や他の同僚の検査を進める。

 岐阜市は市内に住む60代女性の感染を確認。感染経路を調べている。

関連記事