ゲンキードラッグストアーズ(本社福井県坂井市、藤永賢一社長)は11月3日、プライベートブランドの冷凍枝豆の一部から食品衛生法上の基準値を上回る残留農薬が検出されたとして、輸入業者が回収命令を受けたことを同社ホームページで公表した。消費者に回収への協力を呼び掛けている。同社によると、健康上の被害は確認されていない。

 対象商品は「わが家の美味しさ 塩ゆでえだまめ650グラム」のうち、河田トレーディング(本社兵庫県明石市)が中国から輸入した賞味期限2021年11月25日のもの。

 今年7月30日、金沢市保健所の検査によって、基準値の2倍となる0・02ppmの農薬ジフルベンズロンが検出され、河田トレーディングが明石市から回収命令を受けた。ゲンキーでは8月11日までに店頭の全商品を回収。店頭に貼り紙を掲示し、来店客へ周知している。同社では「対象商品の回収はほぼ完了した」と判断している。

 問い合わせはフリーダイヤル(0120)110249。

関連記事