福井県内私立6高校の2021年度募集定員

 福井県私立中学高校協会は10月30日、県内私立6高校の2021年度募集定員を発表した。全日制5校の合計は1948人、定時制と通信制は各80人で、いずれも前年度と変わらない。仁愛女子は新型コロナウイルスの影響を踏まえ、海外留学を伴う普通科英語留学コースの募集を中止した。

 荻原昭人会長は会見で、20年度からの授業料の実質無償化や入学金引き下げに触れ、「私学出願の流れが大きくなっている」と説明。少子化の中、経営維持のためにも、定員を保つ必要があるとした。

 仁愛女子の英語留学コースは、1年生の1月から約10カ月間、ニュージーランドに留学する。担当者は「世界的なコロナの感染拡大の中、(現地の)出入国規制がかかったままで、確実に留学できる見通しが立たない。いったん募集を停止する」と説明した。

 福井工大福井は、特別進学科に設けた文武両道を目指すコース「クラブ特進」を「特進」と合併する。

 スポーツ・文化選抜は▽北陸120人▽仁愛女子42人▽福井工大福井94人▽啓新60人▽敦賀気比23人▽福井南若干名-を募る。

 入試日程は、全日制と定時制の推薦入試とスポーツ・文化選抜が21年1月19日。一般(専願、併願)は2月1、2の両日に実施する。啓新通信制は1月15日の入学相談開始後、学校が指定した日に選考を行う。

関連記事