試験点灯で幻想的に光る越前焼の陶あかり=10月30日夕、福井県越前町の福井県陶芸館

 越前焼の間接照明「陶あかり」を約2300個並べたイルミネーションイベント「二千色の陶あかり」が10月31日、福井県越前町の福井県陶芸館内の日本庭園「幽石庭」で始まる。30日夕に試験点灯が行われ、庭園は優しい光に包まれた。

 昨年に続き2度目の開催で、陶あかりの数は今回、倍以上となった。陶芸館で夏に開かれた陶あかり作り体験で来場者が作った作品を並べている。中に発光ダイオード(LED)が入っており、側面に開けた丸や四角、ハート形などの穴から漏れ出る光が夜の庭園を照らす。

 池の水面にライトアップされた紅葉が映り込んでいたり、庭園にBGMが流れていたりと幻想的な雰囲気を演出している。

 イベントは年末年始を除く来年1月31日までの金、土、日曜と祝日に実施する。時間は午後5時~7時(最終入場は6時半)。土曜限定でカフェも開かれる。

関連記事