記者会見で新型コロナウイルスの検査体制について説明する東京都の小池百合子知事=30日午後、都庁

 東京都健康安全研究センターで行われているPCR検査=3月、東京都新宿区(東京都提供)

 東京都の小池百合子知事は30日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの検査能力について、季節性インフルエンザとの同時流行に備えて拡充を進め、12月上旬までに1日当たり6万5千件程度まで引き上げる方針を明らかにした。小池氏は「必要な検査を迅速に実施できるようにする」と述べた。

 都の検査能力は今月1日時点の約1万件から既に約2万5千件まで引き上げられた。稼働時間を延長し、人員を増強した場合、最大で約4万6千件を処理できると想定。不足する約1万9千件分は簡易キットを使った抗原検査で補う。

関連記事