用紙不足となり一部店舗で発券できなくなった「福井県プレミアム食事券」

 国の飲食業界支援策「Go To イート」の「福井県プレミアム食事券」を販売するコンビニ「ファミリーマート」の一部店舗が用紙不足のため発券できなくなっている問題で、発券を中止している店が10月29日午後5時時点で44店あり、県内全店の3分の1近くに上ることが、県キャンペーン実行委員会への取材で分かった。担当者は「今後も増える可能性があり、引き続き状況の把握と対応に努める」としている。

 県内約150店のうち発券を中止しているのは、最も多い福井市が23店、坂井市7店、越前市5店など。県内外の店舗から紙を融通するなど対応している。

 県実行委によると、30日に約2万セット分の用紙が供給される見込みだが、発券していない予約数は約7万セット(28日午後5時時点)あるという。発券済みは約9万セット。担当者は「全店で紙が確保できるまで、しばらくお待ちいただきたい」と話している。

 食事券は1セット1万2500円分を1万円で購入できる。23日に販売が始まったが「購入が想定以上に集中した」(県実行委)ために27日夜以降、専用のロール紙が不足した一部店舗で発券を中止した。

 トラブルを受け、県実行委は28日夜、予約の翌々日から10日間としていた引き換え期限を20日間に延長するとホームページなどで告知した。

関連記事