新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 愛知県は10月29日、87人が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。うち名古屋市での確認が59人。県内の感染確認は計6081人となった。1日の感染発表数が80人を超えるのは、県が独自の緊急事態宣言を発令していた8月21日以来。

 名古屋市では名古屋家裁の60代女性調停委員の感染と、市立中学に勤務する20代男性教職員の感染が判明した。

 大村秀章知事は記者会見で「7、8月の『第2波』からすると、すぐ収まることはないのではと危惧する」と述べ、この傾向が続けば強い自粛要請もあり得るとの見方を示した。

関連記事