死去した宮田浩喜氏

 熊本県松橋町(現宇城市)で1985年、男性が刺殺された松橋事件で服役し、殺人の再審無罪が確定した宮田浩喜(みやた・こうき)氏が29日午前2時59分、肺炎のため熊本市東区の病院で死去した。87歳。熊本県出身。

 捜査段階の自白を根拠に懲役13年の判決を受けて服役した。99年に仮出所し、2016年に熊本地裁が再審開始を決定。19年3月に再審無罪を勝ち取った。今年9月には、違法捜査で長期間身柄を拘束されたとして、国と熊本県に損害賠償を求め提訴していた。

 認知症を患い、最近は熊本市の介護施設で寝たきりの状態だった。

関連記事