オンライン飲み会イベントで杯を掲げる橘ケンチさん(右)=東京都内

 人気グループ「EXILE(エグザイル)」の橘ケンチさんが手掛けた日本酒の販売を記念したオンライン飲み会イベントで、福井県福井市の越廼漁協女性部「ぬかちゃんグループ」が製造する「イカへしこオイル漬け」など県内の海産加工品3品が肴(さかな)に採用された。手軽なアレンジレシピとともに、全国のファンに発信された。

⇒【D刊】橘ケンチさんが推した3品はこちら

 イベントは、ケンチさんが京都府の酒蔵とコラボして商品化した日本酒「守破離(しゅはり)橘」の販売に合わせて3日に開催された。ケンチさんは以前、福井のそばのPR冊子製作に協力。県内の食文化に触れた縁などから、ぬかちゃんグループの「イカへしこオイル漬け」と「千日鯖へしこオイル漬け」、県漁連の「かに身入りかにみそ缶詰」を肴に選んだ。

 イベントには、日本酒と肴3品を事前購入した全国の約40人が参加。ケンチさんが杜氏(とうじ)と杯を交わしながら、「へしこのペペロンそば」など特製の料理を味わった。レシピを参考に同じ料理を自宅で用意して参加した人もおり、双方向のトークを楽しんだ。

 ケンチさんはライフワークとして日本酒の魅力を発信しており、福井の酒蔵にも足を運んできた。肴に選んだ3品に「地の食材と日本酒は相性が良いということを再認識できた。家庭でアレンジを試してもらうことで楽しさは無限に広がる」と太鼓判を押した。

 イベント後、ぬかちゃんグループには京都府の飲食業からオイル漬けのまとまった注文が入ったという。上野志津子代表(82)は「たくさんの注文が来てメンバーが不思議がっていた。越廼のイカを全国に知ってもらえるならうれしい」と喜んでいる。

関連記事