オリックスからドラフト1位指名のあいさつを受け、笑顔を見せる福岡大大濠高の山下舜平大投手(中央)。左は福良GM=27日、福岡市

 オリックスからドラフト1位指名された福岡大大濠高の山下舜平大投手が27日、福岡市の同校で福良ゼネラルマネジャー(GM)らの訪問を受け「とても素晴らしい先輩方がいるかっこいいチーム。憧れられるような、日本を代表するピッチャーになりたい」と、緊張の面持ちで決意を新たにした。

 指名のあいさつをした福良GMは、最速153キロを誇る身長189センチの右の本格派を「スケールの大きい選手。2、3年後にはチームの柱になってくれる」と高く評価。写真撮影でユニホームに袖を通し、ようやく表情が緩んだ山下は「まずはフォークボールを練習していきたい」と新球種の習得に意欲を見せた。

関連記事