新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 宮城県と仙台市は10月27日、10~60代の男女45人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内の1日当たりの確認数としては25日に発表された30人を上回り、過去最多を更新。県累計は655人となった。

 45人のうち32人は、クラスター(感染者集団)が起きた仙台市の専門学校に通う外国籍の生徒。同校の感染者は職員を含む85人に拡大した。他に185人が検査結果待ち。寮生が多く、共用スペースで飲食といった接触があったという。

 ほか13人のうち、仙台市の40代自営業男性が重症となっている。
 

関連記事