西武から育成2位指名され、笑顔でバットを振る長谷川信哉外野手=福井県敦賀市の敦賀気比高校

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)で、福井県関係は敦賀気比高校の長谷川信哉外野手(18)が西武の育成2位指名を受けた。長谷川選手は、ドラフト会議開始から2時間半以上たっての指名に「とても長かった。ホッとした」と表情を和らげた。

 敦賀気比が北陸初のセンバツ優勝した2015年。長谷川選手は甲子園球場で見た準決勝の大阪桐蔭戦で心を動かされた。当時小学6年生。飛び出した2打席連続満塁本塁打に「敦賀気比に行く」と決めた。

 中学は投手一筋で、高校2年春に野手に転向して開眼。「まわりに追いつかないと、と人一倍努力した。全体練習は量より質を意識した」という。東哲平監督が「足と肩は必ずプロでも通用する」と言うまでに成長した。

 普段は物静か。しかし父の善信さんは「野球では物おじしない」と話す。プロの世界でも、やることは変わらない。持ち前の強心臓と努力で、育成とはいえプロ指名をかなえた長谷川選手は「全てにおいてレベルアップして支配下を目指したい」ときっぱり。目指すのは、ソフトバンクの柳田のような大型選手だ。


■長谷川 信哉(はせがわ・しんや) 京都市出身。敦賀気比高で2年春に投手から野手に転向し、秋から4番を打った。今夏の県高野連独自の県大会では2試合連続本塁打を放つなど高校通算14本。50メートル5秒8、遠投105メートルと走攻守そろっている。183センチ、80キロ。右投げ右打ち。18歳。

関連記事