(C) 2020「相撲道〜サムライを継ぐ者たち〜」製作委員会

 境川部屋と☆()田川部屋の稽古場に密着した大相撲のドキュメンタリー映画だ。撮影も編集も一切奇をてらっていない。言い換えれば、何の趣向も凝らされていないシンプルな作品なのだが、でも、そこがいい。ドキュメンタリーの良し悪しは、ほぼ被写体の力で決まるから。相撲が力士が、こんなにも被写体向き=フォトジェニックだとは思いもしなかった。

 前半の主人公は、100キロのダンベルを軽々と扱う妙義龍と大関の豪栄道。ぶつかり合う強靭な肉体、その体から立ち昇る蒸気、我々のウエストよりも太い太腿…をカメラが間近から捉える。その一方で、境川部屋の力士たちが慰労会で焼き肉店の肉を全て食べ尽くすユーモアや、様式的で無駄な動きのない土俵作り、手際のいいちゃんこ鍋作りの様子などが見事な緩急を生んでいる。寡黙な豪栄道にすっかり魅了されてしまった。

 ところが、後半の主人公となる☆()田川部屋の竜電が、「ちょっと待った!」と物言いをつけるのだ。豪栄道が剛なら、彼は柔。ガムシャラに相手にぶつかるだけでなく、「押してダメなら引いてみな」と、あたかもこの映画の“緩急”を体現しているかのよう。そんな彼から相撲の奥の深さを教わりつつも、映画はあくまでも表層芸術で“肉体”とも“様式美”とも相性がいいわけだから、相撲がフォトジェニックなのも当然だと改めて納得したのだった。★★★★★(外山真也)

監督・製作総指揮:坂田栄治

語り:遠藤憲一

出演:境川部屋、☆()田川部屋

10月30日(金)から全国順次公開

関連記事