サツマイモのころころコロッケ(右)とサツマイモとリンゴのサラダ

 栗やキノコ、ナシやカキ、おいしいものがごーろごろの季節。福井県高浜町で親子の食育講座が開かれ、大好きなサツマイモ掘りと料理に子どもたちも挑戦した。自分たちで手に入れた、掘りたてのサツマイモをつぶしたりにぎったり。親子でつくって楽しいサツマイモ料理レシピと、お手伝いポイントを聞いた。今年の秋は、「味覚」に「つくる」をプラスした「食の秋」で楽しもう。

■サツマイモとリンゴのサラダ

材料(親子1組分)
サツマイモ80グラム、リンゴ20グラム、キュウリ10グラム、ハム1枚、冷凍コーン10グラム、マヨネーズ10グラム、無糖ヨーグルト5グラム、塩コショウ適量

作り方
(1)サツマイモを加熱し、食べやすいサイコロ状に切る
(2)リンゴとキュウリは同じ大きさで角切りする
(3)ハムは好きな型で型抜きし、残りは刻む
(4)コーンは湯がいておく
(5)ボウルに(1)~(4)とマヨネーズ、ヨーグルト、塩コショウを入れ混ぜ合わせる

■サツマイモのころころコロッケ

材料(親子1組分)
サツマイモ80グラム、合いびきミンチ肉10グラム、タマネギ10グラム、ニンジン5グラム、塩コショウ少々、小麦粉・パン粉適量、油適量

作り方
(1)サツマイモを加熱しボウルに入れ、つぶす
(2)みじん切りしたタマネギとニンジン、ミンチ肉を塩コショウをして炒め、冷ます
(3)(1)に(2)を入れて混ぜ合わせ、食べやすい大きさに丸める
(4)小麦粉、水溶き小麦粉、パン粉の順につけて油で揚げる

 今回の食育講座は、高浜町子育て世代包括支援センター「kurumu(くるむ)」が開いた。担当者で管理栄養士の安原美香さんは「食材に見て触れて調理して食べることで、子どもたちに食への興味を持ってほしい。家庭でも野菜を育てる体験などをしてほしい」と話す。

 講座は、町民親子対象で定期的に開催している。

関連記事