23日、米フロリダ州ペンサコラの選挙集会で話すトランプ大統領(ゲッティ=共同)

 【ビレッジズ共同】11月3日に迫る米大統領選に向け、再選を狙う共和党のトランプ大統領は23日、大票田の激戦州、南部フロリダ州で大規模集会を開いた。先行する民主党バイデン前副大統領と22日に行った最後の討論会で逆転を狙ったが不発に終わったため、多い日には激戦州3カ所を1日で回る過密日程で支持固めと票の掘り起こしに全力を挙げる。

 一方、バイデン氏は23日、東部デラウェア州で演説し、トランプ氏の新型コロナウイルス対応に関し「人びとが感染する可能性があるのに、マスクなし、人との距離なしの集会を開き、ホワイトハウスにまでウイルスを招き入れてしまった」と批判した。

関連記事