重機が倒れ騒然とする現場=23日午後2時32分、大阪府河内長野市

 23日午前11時50分ごろ、大阪府河内長野市南花台の工事現場で、高さ約25メートルの重機が作業中にバランスを崩し、電線を巻き込んで道路を挟んだ住宅2軒の敷地に倒れ込んだ。少なくとも1軒の屋根や壁が壊れ、重機を操作していた70代の男性が腰を強く打って病院に搬送されたが、命に別条はない。

 河内長野署によると、団地の解体工事で、重機を使ってくいを抜く作業をしていたところ、バランスを崩して倒れたとみられる。当時住宅には人がいたが、けがはなかった。関西電力送配電によると、配電線の復旧のため、周辺の約170軒を一時停電させた。

関連記事