新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 沖縄県は10月22日、新型コロナウイルスに感染した90歳以上の男性1人の死亡と38人の感染を確認したと発表した。17日と19日にそれぞれ陽性と公表した計2人が陰性だったことが判明。県内の死者は計57人、感染確認は計3045人となった。

 また、県議会事務局は22日、野党会派「沖縄・自民党」の座波一県議(60)の感染を発表。県公表の38人には含まれていない。18~21日、会派で与那国、石垣、宮古の各島を視察し、会食にも参加していた。濃厚接触者と認定された同行の県議17人は自宅待機中。石垣、宮古両島では、今月に入り感染確認が相次いでいる。

 県は米軍キャンプ瑞慶覧(北谷町など)でも1人の感染を公表。在沖縄米軍の感染者は計413人になった。県の集計には含めていない。
 

関連記事