だて巻きや黒豆、エビなどが詰まった色鮮やかなお重の見本が並ぶおせちの特設カウンター=10月20日、福井県福井市の西武福井店

 福井県福井市の西武福井店で10月20日、おせちの予約受け付けが始まった。特設カウンターには、だて巻きや黒豆、エビなどが詰まった色鮮やかなお重の見本が並んだ。1人前の個食型や少量型を充実させるなど、新型コロナウイルス禍を反映した「新年の味」をアピールしている。

 人気の高い「福井のおせち」を中心に北陸、関西、東京の名店から130種類を用意した。価格は2~3人前で1万5千~3万円ほど。一部はオンラインでも受注し、三が日を過ぎても保存の利く冷凍おせちも販売する。

 来店した福井市の70代女性は「県外にいる娘は、感染拡大に気を使って帰省しない。親戚も集まらないので、今年は小さめを選ぶつもり」と話していた。

 クリスマスケーキの予約も同時に始まり、県内の人気洋菓子店などの45種類を用意した。予約の受け付けは、おせちが12月22日まで、クリスマスケーキが同20日まで。

関連記事