日本新聞協会などは20日、シンポジウム「新型コロナ禍の医療の実情と報道の役割―差別・偏見をどう防ぐか」をオンラインで開催した。

 コーディネーターの砂間裕之・毎日新聞東京本社編集編成局長は、病院職員の子どもがいじめを受けたり、感染者が出た病院に通院する患者が別の医療機関で消毒液をかけられたりしたという事例を紹介。

 パネリストの国立病院機構名古屋医療センターの長谷川好規院長は、感染リスクを下げることだけが目的になると、医療従事者などリスクが高い人を排除する方向に力が働くと強調。「正確な知識を学び、感染の可能性は誰にでもあると認識することが重要だ」と述べた。

関連記事