「鬼滅の刃」の原作漫画に登場する大岩を模したモニュメント。廃材をフル活用した=10月20日、福井県鯖江市内

 10月16日の封切り以来、記録的ヒットになっているアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」。福井県鯖江市内の建設会社の倉庫敷地に、原作漫画に登場する大岩を模したモニュメントがお目見えし話題になっている。

 モニュメントを製作したのは、建設会社社員の男性(44)。これまでも趣味でアニメに登場する武器などを作っていた。劇場版公開に合わせて「何かネタになるものを」と9月下旬から取りかかった。修行中の主人公竈門炭治郎(かまどたんじろう)が刀で大岩を真っ二つに切り、師匠に力を認められる原作の名シーンを再現した。

 材料は建設現場などの廃材をフル活用した。竹で半球の型を作り、発泡ウレタンや石こうで肉付け。仕上げにペンキで着色し、直径約1・8メートルの割れた“大岩”を作り上げた。

 男性は「今後は、子どもたちが自由に見に来られる場所に展示することを考えたい」と話している。
 

関連記事