映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」より((C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable)

 大ヒット漫画が原作で16日に封切られたアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の公開3日間の興行収入が46億2千万円に達したと、東宝とアニプレックスが19日発表した。全国403館で上映され、観客動員数は340万人を超えた。公開3日間の興収、観客動員数は過去最高。

 アニプレックスによると公開初日の興収は12億6千万円、2日目は17億円、3日目は16億5千万円に上り、国内で公開された映画の平日、土曜日、日曜日の1日当たりの興収と観客動員数でそれぞれ歴代1位。

 「鬼滅の刃」は鬼に家族を殺された主人公が、鬼と化した妹を人間に戻すため壮絶な戦いに挑む物語。

関連記事