来春の第93回選抜高校野球大会の選考資料となる第143回北信越地区大会第3日は10月17日に富山県の富山市民球場で準決勝が行われ、第1試合は上田西が星稜を5-4で破り、決勝進出を決めた。

星稜
001 102 000…4
000 103 01x…5
上田西

■星稜 野口練-中谷大翔
■上田西 山口謙作-小川隼弥

▽本塁打 飛鳥井洸2(上田西)

 上田西は0-2で迎えた四回、飛鳥井洸のソロホームランで1点差に詰め寄った。3点を追う六回には、1死二、三塁の場面から飛鳥井が2打席連続の本塁打を放ち同点。八回に1死満塁から小川隼弥が適時打を放ち逆転に成功した。

 星稜は三回、1死満塁の場面で中田達也の遊ゴロの間に走者が生還し先制。四回は二死三塁から若狭遼之助が右前適時打を放ち1点を追加した。六回には若狭の適時打などで計2点を挙げ引き離したが、その後得点を挙げることはできなかった。

高校野球北信越大会の全打席を速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」で北信越地区高校野球大会の全試合を打席ごとに速報します。スマートフォンやパソコンで試合の流れが楽しめます。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報を公開します。

⇒全打席速報はこちら

⇒福井新聞D刊の会員登録はこちら

⇒イニング速報はこちら

関連記事