ICカード乗車券「ICOCA(イコカ)」

 JR西日本は10月16日、ICカード乗車券「ICOCA(イコカ)」の機能をスマートフォンで使えるサービス「モバイルイコカ(仮称)」を2023年春に導入すると発表した。在来線を含め、JR西が運行する鉄道の乗車に利用した際にポイントがたまり、沿線の商業施設や駅の売店などで使えるようにすることを目指す。

 サービス利用開始時にクレジットカードを登録。スマホにモバイルイコカのアプリを取り込めば、ICカードのイコカに対応した改札や店舗などで使える。駅に行かなくても残高をチャージし、利用履歴の確認ができるほか、アプリ上で定期券の購入や払い戻しも可能にする。

 新幹線の予約や経路検索サービスを提供するJR西のアプリ「WESTER(ウェスター)」などとの連携も検討。大阪・関西万博が催される25年をめどに新たなサービスを構築していく。