ふくいdeお得キャンペーンの概要

 政府の観光支援事業「Go To トラベル」を使った福井県内宿泊者への旅行代金35%引きに、県が独自に15%引きを上乗せする「ふくいdeお得キャンペーン」の宿泊予約受け付けが10月16日始まる。11月1日~2021年1月末に宿泊する県民が対象で、GoToとの併用で半額になる。県は6万~10万人分の予算3億円を確保している。

 県観光誘客課によると、上乗せ割引の対象は15日時点で県内270の宿泊施設と、旅行会社93店舗。旅行会社の店頭で申し込むか、宿に直接予約する。割引額は上限6千円で、GoToで国が発行する地域共通クーポン(旅行代金の15%)と同額。また嶺北、嶺南をまたぐ宿泊は「嶺北・嶺南交流」、嶺北在住者が大野、勝山市に泊まる場合は「奥越冬割」としてさらに千円割引く。県観光誘客課は「カニやフグ、スキーなど福井の冬の魅力を体感してもらい、観光業の支援につなげたい」としている。

 対象の宿や旅行会社など詳細は県観光連盟ウェブサイト「ふくいドットコム」内に掲載している。旅行会社や宿ごとに予算を割り当て、上限に達し次第、終了する。問い合わせは同連盟内の事務局=電話0776(97)9527。

 県のお得キャンペーンでは、地域共通クーポンを使って2千円分お得な土産品福袋を購入できる追加割引も、今月1日に始まっている。

関連記事