来春の第93回選抜高校野球大会の選考資料となる第143回北信越地区大会第2日は10月11日に準々決勝が行われ、富山市民球場第2試合は上田西(長野県2位)が日本航空石川(石川県3位)に10-3で八回コールド勝ちを収め、準決勝進出を決めた。

上田西
001 040 23…10
100 011 00…3
日本航空石川

■上田西 山口謙作-小川隼弥
■日本航空石川 百瀬遥輝、藤井航我、大久保真夢-広中慶伸

 上田西は1点を追う三回、笹原操希の三塁打などで同点とした。五回には先頭の小川が内野安打で出塁すると犠打や安打などで4点を奪った。七、八回にも追加点を挙げ突き放した。

 先発した山口謙作は立ち上がりに1点を失ったものの、その後は立て直し8イニングを3失点に抑えた。

 上田西は17日、星稜(石川県1位)と準決勝を戦う。

高校野球北信越大会の全打席を速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」で北信越地区高校野球大会の全試合を打席ごとに速報します。スマートフォンやパソコンで試合の流れが楽しめます。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報を公開します。

⇒全打席速報はこちら

⇒福井新聞D刊の会員登録はこちら

⇒イニング速報はこちら

関連記事