福井県庁

 福井県は10月8日、売り上げが減少している企業や、オンライン商談など新たな商談に取り組む企業を支援する「展示会出展・新スタイル商談支援事業補助金」の募集を始めた。新型コロナウイルスの影響で展示会や販売会などの商談機会が減少したことを受け、企業の販売促進を支援する。

 補助金は対象の企業別に3種類あり、補助率はいずれも経費の4分の3。今年2月からのいずれかの月で売り上げが前年同月の2割以上減少した企業が対象の補助は、展示会や商談会への出展経費を支援する。上限は75万円。

 オンライン商談などを企画する2社以上の企業グループには、150万円を上限に経費を支援する。伝統工芸の技術を生かした新商品の開発などに取り組む企業には、新商品の販売会、商談などへの出展経費を75万円を上限に補助する。

 募集期間は2021年1月ごろまで。福井県産業技術課のホームページにある事業計画書などに記入し申し込む。問い合わせは同課=電話0776(20)0370。

関連記事