福井県警敦賀署

 道に迷った認知症の高齢者を福井県警敦賀署まで送り届けたとして福井県立敦賀高校3年の女子生徒に10月8日、同署が感謝状を贈った。

 9月中旬、帰宅途中に80代女性に道を尋ねられた際、高齢のため心配になった女子生徒は自ら道案内を申し出た。約1時間半、一緒に探したが女性が目的地を思い出せず、また自宅を聞いても答えられなかったため、同署まで連れて行った。女性は家族が迎えに来て無事帰宅した。

⇒一緒に雨宿り、高校生が4歳児保護

 贈呈式では、吉田秀明署長が「人命救助に匹敵する」とたたえ、感謝状を手渡した。女子生徒は「声掛けしなかったら、おばあさんはうろうろしたままだったかもしれない。無事に帰れて良かった」と話した。

関連記事