2020年10月10日午後5時時点の台風14号の経路図(気象庁ホームページ引用)

 台風14号(チャンホン)は10月10日午後5時時点の現在位置は、八丈島(東京都)の西南西約230キロで時速15キロの速さで東北東へ進んでいる。気象庁の進路予想によると、11日午前3時には八丈島の南南西約110キロまで進むとみられる。南寄りに進路を変えながら12日午後3時には日本の南の海上で熱帯低気圧に変わる見通し。

 気象庁は伊豆諸島南部の東京都三宅村と御蔵島村に大雨特別警報を発表した。伊豆諸島は11日正午までの24時間で予想雨量が300ミリに達する恐れがある。

 気象庁によると10日午後5時時点の台風14号の中心気圧は985ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル、中心から北側130キロ、南側75キロ以内は風速25メートル以上の暴風域で、北東側390キロ、南西側330キロは風速15メートル以上の強風域になっている。

 台風の西の上空に気圧の高い場所があって時計回りの風が吹いており、台風は今後、これに乗って弧を描くように進路を南寄りに変えそうだ。12日朝には熱帯低気圧に変わる見通し。雨雲にまとまりがなく、発達して再び台風14号になる可能性は低いとみられる。

■台風の名前

 台風防災に関する国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名前が各台風に付けられる。チャンホンはラオスが用意した名前。