北陸新幹線福井駅の完成イメージ図(鉄道・運輸機構提供)

 北陸新幹線福井駅(福井県福井市)について、建設主体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構は10月2日、本格的な工事を5日に開始すると発表した。2022年夏ごろ完成予定。福井県内の新幹線4駅で駅舎建設に着手するのは初めて。

 新幹線福井駅はJR北陸線とえちぜん鉄道の両福井駅そばに建設される。現地では準備工事や一部の基礎工事が既に進められており、5日からは高架部を覆う建物の工事に着手する。

 コンコースや駅務室などがある1階部分は約4400平方メートル、ホームが設けられる高架上の2階部分は約6300平方メートル。駅舎は一乗谷朝倉氏遺跡の唐門をモチーフに歴史を感じさせるデザインとなる。

 県内このほかの駅舎建設工事の開始時期について鉄道・運輸機構は南越駅(仮称)が11月上旬、芦原温泉駅が11月中旬、敦賀駅は調整中としている。

関連記事