「CIC Tokyo」のオープニングイベントでプレゼンテーションする梅澤高明会長=10月1日、東京都港区の虎ノ門ヒルズビジネスタワー

 起業後間もないスタートアップ企業を支援するイノベーションセンター「CIC Tokyo」が10月1日、東京都港区の虎ノ門ヒルズビジネスタワー内にオープンした。動画スタジオを備え、福井県など地方のスタートアップ、ベンチャー企業の動向も発信していく。

 運営する「CIC Japan(梅澤高明会長)」は、1999年に米国で創立し、世界8都市に拠点を構えるCIC(ケンブリッジ・イノベーション・センター)の日本支社。

 世界9都市目でアジア初となる「CIC Tokyo」は、ビジネスタワーの15、16階で広さ計約6千平方メートル。オフィス、コワーキングスペース、会議室、キッチンなどの設備があり、約250社が入居できる。入居企業の横のつながりをつくったり、グローバル展開をサポートしたりするためのイベントやサービスを提供する。12日からは独自の動画番組も配信する。

 この日のオープニングイベントには、メディア、企業関係者、来賓の小池百合子都知事や平将明衆院議員らが出席した。梅澤会長が「イノベーションのコミュニティーを育てていく」とあいさつ。小池都知事がドラを鳴らし、オープンを祝った。

関連記事