東京都は1日、新型コロナウイルス対策の新たな取り組みとして「東京iCDC」(東京感染症対策センター)を発足させた。都の組織に大きな変更はなく、専門家の知見や他機関との連携で対策を強化する狙い。都の担当局長をトップに政策立案や危機管理、情報発信などを一元的に担う。

 センター傘下の会議体として知事への助言を担当する「専門家ボード」の座長には東北医科薬科大(仙台市)の賀来満夫特任教授(66)を充てた。疫学や情報発信など分野ごとに専門家を集めた四つの検討チームも同時に発足した。

 賀来氏は都の非常勤特別職の「参与」にも就任した。

関連記事