東京電力福島第1原発事故を巡り、国と東電に賠償を命じた仙台高裁判決を受け、東京電力ホールディングスは30日、「原発事故により、福島県民をはじめ、広く社会に大変なご迷惑とご心配をお掛けしていることに改めて心からおわびする。仙台高裁の判決について、内容を精査し、対応を検討していく」とのコメントを出した。

関連記事