『私たちはどうかしている』の最終話シーンカットが公開 (C)日本テレビ

 女優の浜辺美波と俳優の横浜流星がW主演する日本テレビ系連続ドラマ『私たちはどうかしている』(毎週水曜)最終話が30日、午後9時より2時間スペシャルで放送される。全話を通して描かれてきた和菓子屋「光月庵」の当主殺害事件。主人公・七桜(浜辺美波)と椿(横浜流星)の因縁の発端となった事件の真犯人がついに明らかとなる。

【動画】当主殺害事件の真犯人は?ミステリーまとめ動画が公開

 今作は講談社『BE・LOVE』で連載中、累計発行部数300万部の安藤なつみ氏による原作コミックを実写化。浜辺演じる可憐で才能にあふれる和菓子職人、花岡七桜と、横浜演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子、高月椿が、和菓子屋「光月庵」の当主殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄されながらも、強く惹かれ合う物語。

 最終回では、大旦那(佐野史郎)に自分の正体が『さくら』だと明かし、両親が愛した光月庵で御菓子を作りたいと切なる願いを訴えた七桜。大旦那は七桜と椿に、来月12月31日の除夜祭の日、より美しく魂を震わす御菓子を作ったものに光月庵を譲ると告げる。そして 七桜と椿の光月庵を賭けた対決が始まる――。

 今回のシーン写真は、女将・今日子(観月ありさ)が不気味なほほえみを浮かべる場面。手にするナイフとライターは、何を意味するのか。その目線の先にいるのは、七桜か、椿か、それとも? 今日子のみぞ知る、新たな真実とは。

関連記事