東都大学野球リーグ第2週第1日は29日、神宮球場で1回戦3試合が行われ、国学院大が東洋大に7―0で快勝し、開幕2連勝とした。東洋大は2連敗。立正大が昨秋優勝の中大を3―1で破って通算2勝1敗とし、中大は1勝1敗。亜大は駒大を3―1で下して2勝1敗、駒大は2敗となった。

 国学院大は上出がリーグ戦初勝利を5安打完封で飾った。立正大は糸川が要所を締め、8安打1失点で完投。亜大は六回に代打丸山の2点勝ち越し打などで3点を奪って逆転した。

関連記事