愛知県は9月29日、28人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。名古屋市での確認が16人。また、県は感染が判明していた高齢者1人が28日に入院先の病院で死亡したと明らかにした。県内の感染確認は計5339人、死者は計84人となった。

 名古屋市の10歳未満~60代の男女5人は、クラスター(感染者集団)が発生した接待を伴う飲食店の従業員の家族。また、同市の繁華街の飲食店に関連し29日までに従業員ら計16人の感染が確認され、県はクラスターと認定した。

 同市教育委員会は29日、市立中2校に通う生徒2人が感染したと発表。この2校を臨時休校として校内を消毒する。

 岡崎市の20~60代の男女4人は、26日に感染を発表した同市上下水道局の50代女性職員の濃厚接触者。市によると、うち60代女性は市財務部、40代男性は同市民生活部の職員。

 県は死亡した高齢者について、遺族の意向として性別や年代などを明らかにしていない。

 一方、名古屋工業大は、29日までに20代の男子学生3人が感染していたと明らかにした。学内でさらに感染が広がる恐れはないとしている。

関連記事