アストリションが商品化を進める栄養補助食品「スクスクダイズ」(レディーフォー提供)

 栄養指導、サプリ企画販売のアストリション(福井県坂井市)代表取締役で管理栄養士の盛岡良行さんが、福井県産大豆を使った子ども向け栄養補助食品「スクスクダイズ」の商品化を進めている。盛岡さんは9月28日、クラウドファンディングのレディーフォーで開発費用50万円の寄付募集を開始した。

▽実行者:盛岡良行さん(株式会社アストリション)
▽目標金額:50万円
▽締め切り:10月30日
▽ギフト:5千円から5万円まで8種類

 県産大豆「里のほほえみ」を使用したスクスクダイズは3歳~小学生の子どもも安心して摂取できるよう、自然な原材料にこだわった。きなこ風味で牛乳などに加えることで、カルシウムやタンパク質を補える。また盛岡さんは、県産大豆の認知度アップにも一役買いたいとしている。

 このプロジェクトは福井県による「ふるさと納税による新事業創出支援事業」の認定案件で、福井新聞社と福井銀行も協力している。寄付額のうち2千円を除く金額が税控除の対象となるため、実質2千円でプロジェクトの後押しができる(寄付者の給与収入などにより控除額に上限あり)。

関連記事