新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 岐阜県と岐阜市は9月28日、県内に住む6人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内での感染確認は622人となった。

 県によると、可児市に住む30~60代の男女4人はいずれも外国籍で、20日に親族ら20人以上と食事を共にしていた。名古屋市から参加した男女4人の感染も確認されており、県はクラスター(感染者集団)に認定した。

 岐阜市の30代男性会社員の陽性も判明。市は感染経路は不明としている。

関連記事