新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 広島県は9月28日、1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。広島県内の感染確認は525人になった。県によると、江田島市の40代。せきや頭痛などの症状があるという。

 また呉市は、24日に感染を公表した50代の患者と同じ飲食店にいた6人が感染し、クラスター(感染者集団)認定したことを受けて記者会見した。同市では24~28日に31人の感染が判明。うち少なくとも23人がこの飲食店関連だという。市は利用客を把握できていることを理由に店名を公表していない。

 感染者6人のうち2人が勤務している介護老人保健施設の入所者2人も感染し、入所者や職員計約220人の検査を進めている。市内の小学校でも児童1人の感染が判明し、約150人を検査する方針。

関連記事